りんご7976を美味しく食べるには、どこに保存したらいいの?

秋から冬にかけて旬を迎える、りんご。 そのまま食べても美味しいし、アップルパイや焼きりんご、ジャムなどに加工していただくのも楽しい果物です。 りんごを長期保存する場合、冷蔵庫に入れたらいいのか悩んだ経験がある人も多いかと思います。 りんごは温度の変化や乾燥にとても弱い果物です。 りんごを保存する時は0から5℃の低温で、湿度が80%以上のところが理想になります。 秋や冬なら直射日光の当たらない、暖房の影響のない涼しい部屋が最適です。 常温保存する時は、りんごを段ボールに入れたり、新聞紙に包んだりします。 風通しの良い場所を選ぶのもポイントになります。 気温の高い夏場なら、りんごをポリ袋などに入れて冷蔵庫の野菜室で保管するのがおすすめです。 りんごの保存期間は2週間から1カ月ほどと言われています。 りんご自体は2か月近く持ちますが、水分が抜けてカスカスになったり、柔らかくなり、風味も味も落ちてしまいます。 ジャムなどに加工するなら問題ありませんが、できたら早めに食べるように心がけましょう。 カットしたりんごを常温で保存すると、じょじょに変色していきます。 塩水やレモン水に1度りんごを浸すことで、変色を抑えることができます。 カットすると鮮度が落ちていくので、2日以内に食べるのが良いでしょう。

ちょっと珍しい!?手のひらサイズのりんご7976

みなさんは、りんごと聞いてどのようなりんごを思い浮かべますか?『白雪姫』に出てくる毒りんごを思い浮かべる方も中にはいるかも知れませんね。毒々しいりんごも魅力的ですが、ここでは可愛らしい手のひらサイズのりんごをご紹介しましょう! その名も「アルプス乙女」というピンポン玉サイズのりんごがあるんです!手のひらにころっと乗ってしまう小ささも名前もとてもキュートですよね。手土産としても喜ばれそうですし、話題にもなるでしょう。きっとお子様にも喜ばれるはずです。 おやつやデザートに小さいながらも存在感抜群の「アルプス乙女」は、いかがでしょうか?